iphone7sのディスプレイには有機EL採用

有機EL元年とも言われている2017年は、パネルの量産が飛躍的に増えてきており、さまざまなモバイル機器だけでなく家庭用のテレビなど、液晶の次世代の技術として普及が進んでいます。

そのような状況でもあるために、常に他の機種と比較すると大きな先進性が見られるiphoneにも採用が決まっていると考えて良いでしょう。

実際に新聞報道でLGがiphone7sとiphone8のパネル生産を開始すると伝えられた経緯から、この情報に関しては信憑性が高いと判断できます。


現時点で有機ELパネルを量産する技術を持っているのがLGということで、当面はLGからの供給となる可能性がありますが、サムスン電子など他社も追随すると見られており、有機ELのiphone7sのディプレイが採用される企業については複数の可能性があります。


有機ELディスプレイの特徴は、液晶画面と異なり画面そのものが発光するという構造であるために、バックライトを必要としないことから薄型化が可能という点にあります。



また量産化が軌道に乗ると、液晶の構造よりも機構的には簡単であるためにコストの低廉化も進んでいくものと見られています。

1人1人に合ったGirls Channelサイトを今すぐ確認してみましょう。

色再現度や解像度など、iphone7sのディスプレイへの有機ELの採用は期待が大きいといえるでしょう。

上位モデルのiphone8とともに、繊細な画面を実現することで、他機種の差別化をはかっていくものとなります。発売日は9月22日が有力です。


正式発表とスペックの公表が待たれます。